地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年01月16日

三重駅前

三重駅前
市場ロータリーから左折して、北向きに駅方向へ歩きます。
交通量が多く、歩道は色分けしてあるだけなので、
ちょっと歩きづらい場所かもしれません。
年末の朝9時すぎなんで、街を歩く人も疎ですが。


三重駅前
商店街の街灯に添えられた看板も、なぜか大分バス配色。


三重駅前
大分バスのバス停は、上が赤系、下が青系で同じです。
「三重町駅前」と書かれていますが、
時刻表検索では「三重駅前」でDB登録されていますので、
三重町駅前ではヒットしません。ややこしいです。

さらに言うなら、西側の田中や緒方方面からやってきて、
東の三重診療所まで行くバスは、ここを通りませんので、
三重駅前~田中や三重駅前~緒方で検索をかけると、
行きと帰りの本数が、えらく歪な本数になってしまいます。
私、今回の計画をたてているとき、気づくまでにかなりの時間を要しました。

実際は、ロータリー~各地で検索すると、
けっこうすぐに折り返す便も多く、基本的に本数は上下ほぼ同じです。


三重駅前三重駅前
看板の「居酒屋 華」は道を挟んだ向かい側。
建物の一角は、バス待合所としてちゃんと窪んでいます。
といっても、だから配色が同じわけではなく、
この通りに掲げられている店舗看板は、みな同じ色です。


三重駅前三重駅前
北行きバス停の脇には、商店街の店舗配置が残っています。
ちょっと煤けていますが。


三重駅前
もうすこし接続がよければ、豊後辻まで往復することも出来たのですが、
わずか数分のことで乗れず、直接犬飼駅に向かいます。


三重駅前三重駅前
バスは、駅前で突き当たり右にカーブする道に沿い、
東側で踏切を渡って、大野竹田バス本社の方へ進みます。



同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
竹田営業所
中高
刈小野
稲葉
白丹(しらに)
梅の木
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 竹田営業所 (2020-07-26 07:07)
 中高 (2020-07-25 07:07)
 刈小野 (2020-07-24 07:07)
 稲葉 (2020-07-23 07:07)
 白丹(しらに) (2020-07-22 07:07)
 梅の木 (2020-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大分バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。