地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年03月04日

二瀬

ジマオさんも書かれてますけど、
バス路線を辿りながら車を走らせていると、
だいたいどういう場所にバス停があるか、予測できるようになります。

二瀬

こんな感じで、本道に橋が架かってて、


二瀬
ひとしきりの農地を隔てて、向こうに集落が見えると、


二瀬
橋の袂にバス停があるのがスタンダード。
ただし、ガードレールに結んであるのは、そこそこ異例です。

先にブログで拝見すると、
どんな場所にこんな状態のものが、って思うわけですが、
実際にそこに行ってみると、あまりにも当然のように、
バス停がこういう扱いを受けているわけです。


二瀬
しかも、事前学習したのに、あるはずの場所に鉄板はなく、


二瀬二瀬
ガードレールの別の位置に移動していたりして、
いったい「二瀬」バス停に何が起こったのか、
一見の訪問者ではなんとも想像もつかないのでした。


同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
目刈
岩戸寺
伊美港
比沙門
伊美
竹田津港
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 目刈 (2020-01-21 07:07)
 岩戸寺 (2019-09-15 07:07)
 伊美港 (2019-08-30 17:17)
 比沙門 (2019-08-25 17:17)
 伊美 (2019-08-01 07:07)
 竹田津港 (2019-07-31 07:07)

Posted by ちょんびん at 05:06│Comments(0)大分交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。