地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年04月13日

志摩庁舎前

志摩庁舎前
「志摩庁舎前」バス停は、前世代の配色。
バス停がこの色だった時代は、車体も銀色だった昭和バス。懐かしいです。


志摩庁舎前
庁舎の駐車場裏にあたるこの場所、
こういう撮り方をすると、まったくもって地味ですが、


志摩庁舎前
道を挟んだ反対側は、桜の季節だけ派手に色づきます。


志摩庁舎前
運転士さんも、この季節は走ってて楽しいんじゃないでしょうか、ここ。


志摩庁舎前
バス停の近くに、壁が切れている場所があり、
そこから市庁舎の敷地内に入れます。


志摩庁舎前志摩庁舎前
奥にコミバスのバス停。
ここから二丈までも、本数は少ないながら、直通で行けます。
加布里から深江までの昭和バス路線は、いちど完全に廃止されたあと、
僅かですがこのコミバスとして復活しており、
当時の雰囲気を懐かしく思いながら、乗ることができるはずなんですが、
まだ体験していません。近いうちに再訪したいと思います。


志摩庁舎前
なーんてこと全部吹っ飛ばす、圧倒的な存在感の桜並木、
駐車場の向かい側、前原から野北への本線沿いにもあります。 


志摩庁舎前
大きな石碑も、普段ならもっと目立つんですが、
この季節はあくまで脇役に甘んじています。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。