地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年10月28日

茗ヶ原入口

茗ヶ原入口茗ヶ原入口
降りたら驚かれた、「茗ヶ原入口」。
大観峰の近くではあるのですが、バス停から歩くには遠いですし、
外輪山のてっぺんで、台地が広がるばかりで、民家はまったくありません。
じゃあなぜここにバス停があるのでしょうねw


茗ヶ原入口茗ヶ原入口
ここで降りてどこに行けって言うんだ、というバス停、
椿井とか銭蒔とか、産交バスにはまま見られるのですが、
風景としては、ここが圧倒的に開放的で明るいです。

九州横断バスや貸し切りバスなど、車通りも多いです。


茗ヶ原入口
昼の便は、僅かな待ち時間で黄川経由がやってきます。
こちらの運転士さんも、どこかに車を停めてバスを撮っていると思われたらしく、
乗りますと手を上げて意思表示をしたら、驚いたように車線変更されました。


茗ヶ原入口
1日1往復だけの、旧道を走る黄川経由は、
この先から右の旧道に入り、それはそれは見事な山道を走ります。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
こんにちは。
今月、NHK「のんびりゆったり 路線バスの旅」で阿蘇の産交が特集されてましたね。もし見てないようでしたら下のページに内容ありますよ。
http://www.nhk.or.jp/program/rosen/archives/111001.pdf
テレビでバス旅番組ちょこちょこありますけど、この番組はバスの登場が多くて面白いです。
Posted by pinokion at 2011年10月28日 22:37
こんにちは。
私、この番組の存在自体を知りませんでした。
NHK、こんな路線バスの旅をしていたんですね。
阿蘇の南北を、両方ちゃんと廻ってますし、
最後は大観峰入口まで歩いたりして、よい行程だと思います。
次は佐渡らしいので、ちゃんと見ます。ありがとうございました。
Posted by ちょんびん at 2011年10月29日 09:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。