地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年11月28日

竹田営業所

竹田営業所
大分県竹田市のバスの拠点、「竹田営業所」。
慣れというのは恐ろしいもので、屋根から吊られる形式のバス停も、
いつの間にか大分では当然のものと見做すようになった私がいます。


竹田営業所
大分市街地への直通便と、久住直入方面、さらに区間便がいくつか。
全盛期を知る方からすると、コミュニティバスへの転換や廃止など、
衰退は目を覆わんばかりなのかもしれませんが、
新参者の感覚では、まあまだそれなりに、
魅力的な長距離路線が残ってくれているように思います。


竹田営業所
営業所は道路に面して囲いも柵もなく、


竹田営業所竹田営業所竹田営業所
バスを間近で感じることが可能です。
こういう境界の曖昧な雰囲気は、昭和バスの唐津も似たところがあります。


竹田営業所竹田営業所竹田営業所
竹田のミニバスと、朝地のバス。


竹田営業所竹田営業所
奥には、使われなくなったバス停も放置されています。


竹田営業所
久住高原と長湯温泉を循環していた、観光バス。


竹田営業所
久住から山荘方面へ登る途中の、「猪鹿狼寺」。いからじと読みます。


竹田営業所
倉木への途中、「雲出」。


竹田営業所竹田営業所
熊本との県境、二俣から高森町に入り、
かつては宮崎との県境、津留まで路線が延びていました。
途中バス停「宇曽谷」「百木」「堂面入口」。


竹田営業所
祖母山登山口の終点、「神原」。
失われたものの大きさが伝わる、バス停の数です。


同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
城南
セメント町
三重トキハ前
ロータリー
重岡駅(重岡駅前)
重岡駅
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 城南 (2019-10-11 07:07)
 セメント町 (2019-10-04 20:20)
 三重トキハ前 (2019-09-30 17:17)
 ロータリー (2019-09-30 07:07)
 重岡駅(重岡駅前) (2019-09-27 17:17)
 重岡駅 (2019-09-27 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)大分バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。