地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2012年02月08日

土岩屋

土岩屋
この建物が、衣料品店として機能していたのは、いったいいつ頃なのか。


土岩屋
土岩屋
旅館のような佇まいの建物と、大きな木の先に、


土岩屋
三叉路があって、バス停。


土岩屋土岩屋
「土岩屋」。
以前は中津からここまでの直通バスがあった、という話を伺いましたが、
これまたいったいいつの時代の話やら。


土岩屋土岩屋土岩屋
院内町内のコミュニティバス、ふれあい号のバス停もあります。
走りだした当初は、設備も簡素なものだったのでしょうか、
カーブミラーに昔の時刻表がくくられています。


土岩屋土岩屋土岩屋
バスの終点としてふさわしい眺め、商店の跡。
地元の建設会社が周年記念に寄贈した傘立て。
野村建設は、現在も下恵良に健在のようです。


土岩屋土岩屋
この先、右が土岩屋の集落。
左の羽馬礼方面に進んで、すこし高い場所から眺めたほうが、全貌がよくわかります。
けっこう家の数はあるんですが、バス需要はすでに失われたのでしょう。

西椎屋や大坪から南院内小学校までバス通学の子どもたちも、
バス停までは家族が車で送ってきていますし、
帰りにクラブ活動などがある日は、バスに乗らずお迎えだそうですから、
「バスで通う」という経験に価値観を見出した親が特別に子をバスに乗せているだけで、
自分で学校まで送迎したほうが手っ取り早い、という時代なのかもしれません。

自分がここに住む親だったら、喜んで子どもをバス通学させるでしょうか。
定期券の金額によっては、ツマが車で送り迎え、って選択になるかも、確かに。




同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
目刈
岩戸寺
伊美港
比沙門
伊美
竹田津港
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 目刈 (2020-01-21 07:07)
 岩戸寺 (2019-09-15 07:07)
 伊美港 (2019-08-30 17:17)
 比沙門 (2019-08-25 17:17)
 伊美 (2019-08-01 07:07)
 竹田津港 (2019-07-31 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大分交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。