地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2012年02月23日

アナログ乗り

アナログ乗り
バス路線の改善に熱心な、人吉市。


アナログ乗り
通常サイズのバスが走れないような場所でも、
交通空白地を埋めるように、小さなバスが走ります。
ちゃんと産交カラーをした、ハイエースです。


アナログ乗り
で。今回はそれに乗りに来たわけですが、
曜日限定運行だということを失念しておりまして、
全部の路線が平日毎日運行のつもりで予定をたててしまいました。

実際は、月木運行が上原田(馬草野)・七地循環、
火金が大柿(涼水戸温泉)・小柿です。


アナログ乗りアナログ乗りアナログ乗り
ということで、馬草野と七地公民館、
それから新路線ができたばかりの村山公園は乗るとして、


アナログ乗りアナログ乗りアナログ乗り
それ以外の時間をどう乗るか、この時刻表の情報だけで組み直さねばなりません。

私の携帯、殆んど使わないのでメールもウェブも解約してしまい、
時刻表検索も使えませんし、まだ人吉産交の窓口も開いてない時間です。


アナログ乗り
人吉からの路線は、どれも終着地での待機があまり長くないので、
終点までの所要時間を2倍すれば、だいたいの戻り時間がわかります。
鹿目、黒白、神瀬などの場合、人吉市内を循環するために、
人吉産交を2回通りますので、どれがどこからの戻り便か推測が容易です。

時刻検索がネットで簡単にできるようになって久しいですが、
携帯もパソコンもない時代は、現地に行って同じようなことをしてましたので、
懐かしい感じがしました。最終的には、こんな行程になりました

デジカメで撮ってる時点で、アナログではないのですが。



同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
謎のまま180613
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)
 2020年3月21日ダイヤ改正バス停改称 (2020-03-11 17:17)
 どんたく号 (2019-09-21 07:07)
 LED行先表示を眺めて (2019-05-02 07:07)
 空ちょん西鉄バス福岡鬼ごっこ (2018-12-09 23:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。