地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2012年06月26日

干隈の畔

干隈の畔
田植え直後の田圃は美しい。


干隈の畔
その向こうにバス停とバスが見える「干隈」、都心方向。

通勤途中、信号待ちでカメラ構えてますw


同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

この記事へのコメント
さすが、仕事が早いこと!

実は私も今週末に挑戦しようかと画策してました。

やっぱりこの風景良いです♪
Posted by ハンズマン at 2012年06月26日 12:23
先日はどうも。

月曜日の出勤途中に、信号待ちで停まった場所から狙ってます。
本当はもうすこし星の原団地寄りから、
田んぼの全景が見えたほうがいいと思います。
さらに、畦を歩くスーツ姿の女性でもいればさらによしです。

週末お越しになるなら、またご一緒させてください。
Posted by ちょんびん at 2012年06月26日 15:41
こんにちは。

ここの田んぼはしぶとく残ってますね。

星の原団地の周囲に田んぼがいっぱいあったときは、アクセス道路がどれも狭いという意識を今ほど抱かなかったのかもしれないな…などと考えています。
Posted by soramame at 2012年06月26日 18:59
soramameさん、ごぶさたしてます。

私の思い上がりかもしれませんが、
soramameさんとは久しぶりにお会いしても話題が尽きそうにないので、
無理矢理お会いする機会を捻出しなくても、相互理解に支障はないか、
ってなスタンスで生きておりますw

星の原団地までの道路も、そういえば田んぼばっかりだったんだよな、
と今になって振り返って初めて気が付きます。
当時は、田んぼがいっぱいあるのも当然でしたし、
それか1枚ずつ住宅になっていくのも、周囲で当たり前の風景でした。
Posted by ちょんびん at 2012年06月26日 21:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。