地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年01月07日

橋津

橋津
橋津。錆びてます。そして、寂びてます。


橋津
バス1台がきっちり収まるだけの、小さな折返場です。


橋津橋津橋津
「21」が佐賀駅バスセンターに向かって出発していきました。
バスがいなくなっても、広いという感じはありません。
折返場であることを示す看板は、西鉄スタンダードとあまり変わりなし仕様です。


橋津橋津
東側の堤防に登ってみました。南北とも、特徴的なものはありません。静かです。


橋津
川の向こうは福岡県です。大川市の道海島団地。
人口は向こうのほうが多そうですが、佐賀市内方面への需要はいかほど?


橋津
帰りは蓮池経由があるので、行きと経路の違う路線で帰れます。
佐賀市営バスは、どんな経路を通るものであっても、佐賀駅バスセンター行は全部「1」
これは便利なのでしょうか?ややこしいのでしょうか?

佐賀市営バスは、佐賀中心部と各地を放射状に結んでいて、
需要も佐賀中心部と各地の往復しか考えていないようですので、
中心部に行くのか、郊外へ行くのかだけ区分すればいいのかもしれません。

すくなくとも、諸富方面からやってきて、橋津で蓮池方面へいく需要なんてのは、
まったく想定されていないと思います。
路線がつながっているのも、ほかに適当な折返場がなかっただけだと思われます。

1月7日の全記事



同じカテゴリー(佐賀市営バス)の記事画像
#sagahaiku
岡崎和郎の見立て
矢ヶ部医院前
大井樋
勝宿神社
清友病院前
同じカテゴリー(佐賀市営バス)の記事
 #sagahaiku (2017-07-05 00:42)
 岡崎和郎の見立て (2016-12-11 23:59)
 矢ヶ部医院前 (2015-11-20 07:07)
 大井樋 (2015-11-19 07:07)
 勝宿神社 (2015-11-18 07:07)
 清友病院前 (2015-11-17 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。