地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年01月26日

大詫間

大詫間大詫間
大詫間。大きな集落です。人口も数千人規模でいると思います。
和崎から川副大橋を渡って大詫間へアクセスしますが、
大詫間側は民家が密集しているのが見えて、繁栄していた時期があることを感じます。
わたしは不勉強なのでどんな産業があるのか知りませんが、やはり海苔でしょうか。

バスの終着点は、「ただそこに折返場をつくるスペースがあったから」設けられていることも多いです。
田舎の集落端まで走っているバスの場合は、終着点はいい雰囲気なのですが、
まわりに数十軒の家があるだけで、それ以外どこにも行きようがないことがほとんど。
けれども大詫間は、もう一度訪れて何時間か散歩してみたい「奥行き」が感じられました。私好みです。


大詫間大詫間
バス停自体は生活道路の途中にあって、終着点という雰囲気は薄いです。
商店や農協があって、人が集まる場所なのでしょうが。


大詫間大詫間
折返場は小学校の校庭裏のような場所で、L字型になっています。
大詫間まで南向きに走ってきたバスは、Uターンするように北向きに折返場に突っ込み、
東側に向かって90度カーブしながらバックします。土地有効活用です。

写真を撮っていたら、待機中の運転手さんに「撮りましょうか?」と声をかけていただきました。
ありがとうございます。バス好きもこうやって認知されるくらいは居るんでしょうね。
わたしはバスとその周囲の風景があれば、自分が一緒に写りたいとはまったく思いませんが。


同じカテゴリー(佐賀市営バス)の記事画像
#sagahaiku
岡崎和郎の見立て
矢ヶ部医院前
大井樋
勝宿神社
清友病院前
同じカテゴリー(佐賀市営バス)の記事
 #sagahaiku (2017-07-05 00:42)
 岡崎和郎の見立て (2016-12-11 23:59)
 矢ヶ部医院前 (2015-11-20 07:07)
 大井樋 (2015-11-19 07:07)
 勝宿神社 (2015-11-18 07:07)
 清友病院前 (2015-11-17 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。