地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年10月09日

日田バスセンター2016

日田バスセンター2016
中津までの特急が廃止になるので、日田まで記録に行ったのですが、
特急急行の路線図には黒川しかなく、あーもう更新されてもうた!!と嘆いてたら、


日田バスセンター2016
ローカル線の方にありましたw
柿坂の乗り継ぎポイントとして旬菜館がありませんので、
今回の特急廃止に伴って変更されたものではなく、もともとローカル線扱いだったと思われます。
昔の写真探せばいいんでしょうけどね。と検索したら、簡単に見つかりました。


日田バスセンター2016
日田温泉入口がたくさん。


日田バスセンター2016
特急中津駅前~日田バスセンターの廃止について。
一部、特急だけが国道を走っていた区間を旧道に入ったりするので、廃止バス停が出ました


日田バスセンター2016
本数は変わらず。
数日後に青の洞門あたりで言及することになると思いますが、
特急が通過していたバス停にとっては、かえって本数が増えて利便性が上がったりするのです。


日田バスセンター2016
今回、福岡からの始発に乗っても、日田からの始発特急に乗れないので、車でアクセス。
封筒に車番を書いて500円入れて料金箱に投げ込むという、非常にアナログな方式。


日田バスセンター2016
黒川温泉は4本になりました。杖立は震災の影響で減便中。


日田バスセンター2016
日田始発の大分ゆき、とよのくに号も、10月末までの運行です。


日田バスセンター2016
各停系統、廃止ではなく休止。どうなったら復活するでしょうか。


日田バスセンター2016
雨の日田バスセンター。


日田バスセンター2016
昭和学園への登校は、福岡行きの高速バスもご利用になれます。


日田バスセンター2016
ちゃんとこういうのも、更新されております。







同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
大分新川
高速安心院
パークプレイス下
南端小学校前
目刈
岩戸寺
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 大分新川 (2020-09-05 07:07)
 高速安心院 (2020-07-31 07:07)
 パークプレイス下 (2020-04-20 07:07)
 南端小学校前 (2020-02-20 07:07)
 目刈 (2020-01-21 07:07)
 岩戸寺 (2019-09-15 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。