地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年09月20日

飯香の浦と宮の下

飯香の浦と宮の下
今日は飯香の浦で、きのうは飯ノ瀬戸。どちらも一括で変換してくれないところが共通です。


飯香の浦と宮の下
海の傍で、長崎で、もともとの移動に陸路が想定されてないっぽくて、
丘を越えないとたどり着けなくて、狭隘路線が素敵で、飯から始まる地名。
並べてみたら、大して共通項ないですね。どれも情緒的なもの。
学説として同じ系譜に並べようとしたら、証拠が足りないと叱られそうな類。


飯香の浦と宮の下
海までの距離。


飯香の浦と宮の下
喪色のバス停。


飯香の浦と宮の下
本数は圧倒的に飯香の浦が勝ちですなぁ。
多いほうが偉いのか、少ないほうが有り難いのか、
どちらを好むかによってどちらでも階級化ができます。


飯香の浦と宮の下
ぎりぎりの車庫。


飯香の浦と宮の下
ショップいかのうら。
バスヲタの認知度は高いので、訪問時には何かしら貢献せねばと考えていたわけですが、
そもそもの訪問回数が圧倒的に少ないという残念な事実。


飯香の浦と宮の下
ひとつ進んで宮の下。


飯香の浦と宮の下
さらに増えるのは、そもそも飯香の浦行きが増えますからね。
飯香の浦を経由せずに茂木と太田尾・東長崎を結ぶものも多少はあるのかもしれませんけど。


飯香の浦と宮の下
大型だからこその、この道路の圧迫感。萌え。


飯香の浦と宮の下
茂木まで6キロ。


飯香の浦と宮の下
一段高いところからやってくるバス。


飯香の浦と宮の下
急カーブ。


飯香の浦と宮の下
飯香の浦を複乗して、茂木方面へ。


飯香の浦と宮の下
さいごに、自分が乗るバスを撮影してから乗り込めるときは、よいときです。

過去の飯香の浦訪問
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e705399.html

そして宮の下でタイミングを失敗している
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e705397.html





同じカテゴリー(長崎バス)の記事画像
総合公園
新地中華街
稲佐山
思案橋
風頭山風頭町
弥生ヶ丘
同じカテゴリー(長崎バス)の記事
 総合公園 (2019-09-07 17:17)
 新地中華街 (2019-09-05 07:07)
 稲佐山 (2019-08-10 07:07)
 思案橋 (2019-08-09 07:07)
 風頭山風頭町 (2019-08-08 07:07)
 弥生ヶ丘 (2019-08-07 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)長崎バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。