地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月28日

青木中津大橋~青木島

青木中津大橋~青木島青木中津大橋~青木島
「青木中津大橋」。


青木中津大橋~青木島
バスは川沿いに走っていくので、かなり遠くまで眺めていられます。


青木中津大橋~青木島
川を渡るのは、国道385号線です。


青木中津大橋~青木島
反対側のバス停。


青木中津大橋~青木島
旧街道の匂いがする、まっすぐな道。


青木中津大橋~青木島
橋。


青木中津大橋~青木島
この少し上流に下田大橋が開通して、筑後川から渡し舟がなくなったのは、
私が大学生のことだったと思います。地方版のニュースにもなりました。
へぇ、福岡にも渡し船が残ってたんだと驚いて、乗りに来ました。
久留米から大川の西鉄ストアまでの路線に初めて乗ったのも、たぶんその頃。


青木中津大橋~青木島
左に堤防から下りていく道があって、


青木中津大橋~青木島青木中津大橋~青木島
ちょっと先が「青木島」。
といっても、このバス停には鐘ヶ江経由しか停まらないので、1日数本です。


青木中津大橋~青木島
1時間に1本程度ですが、久留米~大川のメインルートは、
この青木島バス停の向こう側の道で、


青木中津大橋~青木島
さきほどの写真の側道から降りてきます。
バスは道幅いっぱいに走ってますけど、決して一方通行ではありません。


青木中津大橋~青木島
こちらの青木島バス停は、小川の袂、木の脇に隠れています。
ここから下林までは国道385号線の旧道ですが、
バスが走るには窮屈な区間も多く、車の行きあい待ちを頻繁にしながら、
のんびりと走ります。

その先を右に曲がっても、筑後川堤防に戻ってくるまでずっと隘路です。
下林から三又校のあたりは、狭いわりに家具関係の大きな工場などがあり、
道幅に不釣合いなトラックがバスと行き交うので、ひやひやどきどきすることもしばしば。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
高速八女インターチェンジ
お開き
味坂撮影ポイント
ローソン常持店復刻色
浮羽発着所(ローソン裏)
コミュニティセンター前2018
同じカテゴリー(久留米)の記事
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 お開き (2019-06-25 07:07)
 味坂撮影ポイント (2019-06-24 07:07)
 ローソン常持店復刻色 (2019-06-23 07:07)
 浮羽発着所(ローソン裏) (2019-06-18 07:07)
 コミュニティセンター前2018 (2019-06-17 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。