地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年11月21日

志賀島

志賀島志賀島
海の中道を抜けて、島の入口部分、「志賀島」。


志賀島
もっと奥に行くには、ここで「21」を降りて、「1」に乗り換えたいのですが、
見事な接続の意地悪w
14時02分に着いたら、13時58分に勝馬行きは出発したばかりで、次は2時間後。
乗り換えだけでは許さない、ここに滞在していけ、ということでしょうかw


志賀島
物産センター


志賀島
鳥居


志賀島
朝市の看板。
志賀島の朝市は、4月から12月、第一第三日曜日の8時から。


志賀島
志賀島の、漁協市場内にて。


志賀島志賀島
市営渡船の発着所。


志賀島志賀島
個人的には、大岳や西戸崎に寄らなければいいのに、と思います。
船で目的地まで行く途中に、別の場所に寄港されると、
バスよりずっと寄り道をされている気分になるんです。

船賃は博多港まで650円。
都心まで行くには、さらにバス代が180円~220円。
バスの方が時間は長くかかりますが、500円で天神直行。
好みによって、どちらも勝負になる設定かなと感じています。
私は、ホリデーアクトパスを入手して以降、バスを選択してばかりですが。


志賀島
船が出ました。


志賀島
停泊する漁船の間から、ドームやタワーが見えます。


志賀島志賀島
バス通りに戻って、都心方面。バス停の鉄板は行方不明。


志賀島
新しくなった橋を渡って、本土側へ戻ります。


志賀島
この日は、構えたカメラを揺らされるような強風が吹いていましたが、
サーフィンをする人にとっては絶好の環境なのかも。
肌寒い中、海に入るなんて、物好きな。
そういう私も、12月になると寒稽古で海に浸かるんですがね。


志賀島志賀島
両側に海が見える道を、バスが走ります。



同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
千早駅
香椎照葉三丁目
イオンモール香椎浜車庫
2019年3月ダイヤ改正前の天神中央郵便局前
香椎花園南口の廃止を藤崎で
香住ヶ丘二丁目
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 千早駅 (2020-06-28 07:07)
 香椎照葉三丁目 (2020-06-23 07:07)
 イオンモール香椎浜車庫 (2020-06-20 07:07)
 2019年3月ダイヤ改正前の天神中央郵便局前 (2020-05-28 07:07)
 香椎花園南口の廃止を藤崎で (2020-05-26 07:07)
 香住ヶ丘二丁目 (2020-05-19 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡黄
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。