地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2012年01月22日

電動バス社会実験

電動バス社会実験
温暖化対策の一環として、国土交通省がおこなう電気バスの社会実験。
福岡市の人工島、香椎照葉三丁目で始まりました。
本日22日から、27までの期間限定です。
車体はまったく判別できない私ですが、期間限定に惹かれてみました。


電動バス社会実験
電気の補給設備もできています。
社会実験なので、アンケート回答を求められることがあるようです。
地元のテレビ局も取材に来ていて、車内でカメラも回っていましたが、
私は留学生会館で降りましたので、特に何もされず。


電動バス社会実験電動バス社会実験
アイランドシティから、


電動バス社会実験
千早駅までを繋いでいる路線、運賃は通常のバスと同じです。

ディーゼルバスに比べたら、揺れが少なくて快適です、
とキャスターさんがレポートしながら、カメラさんつまづいてましたw
アイドリングの揺れや加減速のスムーズさに違いがあっても、
結局動いているバスなのですから、路面状況などにも影響されますし、
何にも掴まらず、楽に立っていられる、というほどでもないです。

ま、そういう揺れの有無は大きな問題ではなく、
排気ガスの心配が必要ない、という点に注目すべきなんですがね。
乗る客にしてみれば、それもまたどっちでもいい話のような気も。
ディーゼルのバスなら乗らないけど、電気バスなら常に利用する、
なんて区分をつける一般客は、ほとんどいないでしょうから。

電気バスが走るなら、と乗りに来ている人々は、
私も含めて、決して一般客とは呼べません。


同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

この記事へのコメント
こんばんは。電気バス…なんとなく昔各地で走っていたトロリーバスを思いだしてしまいます(笑)。決定的に違うのは、架線から電気を取るか、蓄電池かというだけですし。

車体の番号から三菱ふそうではないかと思われますが、ディーゼルエンジンで『バスガス爆発』したから電気で挽回なんでしょうか(笑)



おそらく普及はまだまだ先かもしれませんね。



そのうち原発電池で走る『核爆発バス』なんてものも出てきたりして(苦笑)。



ジョークはさておき



バスをもっと利用するように工夫して欲しいですね。
Posted by 暇工作 at 2012年01月25日 22:21
こんばんは。

トロリーバスも、電気で動いてますね、そういえば。
日本では体験した記憶がありませんが、
上海に住んでいた時は、何の感慨もなく当然のように乗ってました。
そういえば、乗り心地もあまり印象に残っていないので、
通常の石油燃料で動くバスと、さほど変わらなかったのでしょう。

私は、普及してもしなくても、今のところどっちでもいいですw
Posted by ちょんびん at 2012年01月26日 20:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。