地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2012年08月03日

福岡体験バスチケットでオープントップバス

福岡体験バスチケットでオープントップバス
FUKUOKA体験バスチケット。
2500円のについてくる一日乗車券は、福岡都市圏乗り放題。
福岡都市圏といっても、やたらとエリアが延びている方角があり、
赤間や、杷木経由の小石原もエリア内です。


福岡体験バスチケットでオープントップバス

そして、福岡のよかとこを体験できるチケット。


福岡体験バスチケットでオープントップバス
このチケット1枚と、オープントップバス乗車券1枚が交換できます。
ということは、ふくおかオープントップバスの乗車券は、おとな1500円ですが、
ふたりで乗る予定ならば、体験バスチケットを買いなさい、ということです。
500円割引になり、しかも一日乗車券がついてきます。

さらにこのオープントップバスの乗車券で、
当日福岡均一区間や市内観光バスぐりーんにも乗れますので、
なんかバスの乗車券ばかりが必要以上に手に入るイメージ。

福岡市役所の1階ロビーで、オープントップバスのチケット購入ができますが、
体験バスチケットは売っていないので、先に観光案内所に寄ってから、
市役所側にやってくるのがおすすめでしょうか。

オープントップバスは、当日なら朝9時から乗車券が購入できるのですが、
その時間にはまだ天神の観光案内所が開いていないので、
そういうときは、天神のバスセンターにどうぞ。


福岡体験バスチケットでオープントップバス
といいつつ私は、上記写真のように、乗車券に換えるところまでしたのに、
当日は雷雨のために運休してしまい、まだオープントップバス体験はできないままです。



同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。