地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年02月15日

秋吉台

秋吉台
トンネルを抜けると、そこは「秋吉台」でした。


秋吉台
秋芳洞から、


秋吉台
循環バスに乗って、


秋吉台
最初のバス停は、「黒谷口」。
鍾乳洞に秋芳洞の方から入って、反対側の出口にあたるのがココです。


秋吉台
ほいで、秋吉台のバスターミナル。


秋吉台
時刻表の欄の数と、現在のバスの本数の乖離が、全てを物語ります。


秋吉台
JRとサンデンと防長。


秋吉台
基本は秋芳洞から黒谷口→秋吉台の一方向循環で、
東萩に行く2本だけが、大正洞の方へ行く運用です。


秋吉台
乗り場を分けるほどでもないのですけれど、秋芳洞方面と、


秋吉台
萩方面の乗り場が分かれていて、


秋吉台
つまりはバスターミナルに戻る方は端っこから、


秋吉台
遠距離まで直行に乗る場合はターミナルの中心から、
と扱いが違った名残なのではないかと思います。


秋吉台
いまは下関や山口新山口方面は、全て秋芳洞での乗り換えが必要になります。


秋吉台
前回ここに来たのは、30年くらい前だと思いますが、基本的に何も新調されてはいません。
ただ当時あったものが、徐々に歳を重ねていっただけ。


秋吉台
これを、どういう言葉で形容すればいいでしょうか。
風格か、荘厳か、風化か、衰退か。


秋吉台
科学博物館。


秋吉台
雪が降ったり、草が茂ったり、季節によって景色を変える秋吉台。


秋吉台
展望台から乗り場のバスが撮れないかと試してみましたが、
灌木が以外と視界を遮ります。


秋吉台
秋芳洞に戻るバス。このまま草原の中を走り抜けそうな、
楽しみになる方向に進んでいくのですが。




同じカテゴリー(JRバス)の記事画像
団地入口
蒲田団地の夏休み
筑前土井
江辻、JR九州バスの方
直方駅前バスセンター
町営バスセンター前郵便局前
同じカテゴリー(JRバス)の記事
 団地入口 (2017-09-01 18:44)
 蒲田団地の夏休み (2017-08-08 20:12)
 筑前土井 (2017-07-23 19:19)
 江辻、JR九州バスの方 (2017-07-22 16:16)
 直方駅前バスセンター (2016-08-30 17:17)
 町営バスセンター前郵便局前 (2016-07-01 19:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。