地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月06日

泊里

泊里
万年山の裾野に、田舎道。


泊里
東には、伐株山を望む場所に、


泊里
日田バスの待合所。


泊里
「泊里」停留所です。
「のっちょくれ」と丁寧なお誘いをいただいていますが、


泊里
1日2往復で、しかも森町側から乗ったが最後、帰ってくることはできません。
乗りたいのはやまやまですが、なかなか予定を組むのが難しいところで。
もちろん、乗れという誘いは地元の方々へ向けてのものであって、
私のような放浪者を期待しているわけではないのですけれど。

けれども、昔々、北海道の美幸線が、
「日本一の赤字線」という自虐的なコピーでPRしていたように、
用はないだろうけれども鄙びた風景のバス路線に乗らんかね?
というような、観光客の呼び方はできないものかと思います。
バス乗りは、列車乗りよりバス車両撮りよりさらにマイナーなのは承知の上でw
まずは、1日乗車券がほしいですね。


泊里
ちゃんと地元の方の協力によって、この待合所が建てられているわけですし。
どうせ乗客が限られているのなら、オマケで乗せていただけないものでしょうか。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杷木とインターチェンジ
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。