地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月25日

西釣

西釣西釣
「西釣」。こちらも日田バスの廃止バス停です。
田の口は、利用者の減少によって路線自体がなくなったのですが、
こちらは、上流にダムができるために道路が川べりから付け替わったため、
バスが走らなくなった場所です。


西釣西釣
もともと想定されていた利用者の集落は、どこにあるのでしょう。
すでに立ち退きが行われたのか、
人の暮らしの匂いもなければ、車通りもありません。
ただし、バス停はほぼ完全な形で残っています。
今すぐにバスが走ってきても不自然ではない程度に。


西釣西釣西釣
バス停のすぐ上流に導水管が走っていて、威圧的な風景になっています。
大山ダムの事業区域立入禁止の横断幕、さらにフェンス。
毎日水道水で生かされている私なのですが、なんとなくダムには批判的。
生活水利のためだけに存在しているわけではない、
そんなニオイがするからでしょうか。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杷木とインターチェンジ
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。