地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年04月01日

獺野尾

獺野尾
豊後中川と三芳の間、日田側に向かって歩いていると、
天ヶ瀬温泉の旅館の広告看板があります。
どっかで聞いた名前だね、と思ったら、バス停の名前になってます。
ジマオさんのブログ→3枚目の写真を参照ください


獺野尾獺野尾
本日のテーマに従って、
日田バスに詳しい方ならすでにネタがおわかりかと思いますが、


獺野尾獺野尾
川の湾曲するわずかな平地に、数軒の店が並んでいて、
その前に立っているバス停が、


獺野尾
「獺野尾」です。「うそのお」と読むらしいです。


獺野尾
獺というのはカワウソのことでして、
このあたりの川辺にたくさんのカワウソがいた時代があったということでしょうか。
まあつまりは、それほど人が多くなかったということかも。


獺野尾獺野尾
川と国道の間に住宅があり、新しいものも多いように見えました。
バスは時間調整のためでしょうか、ひとしきり停まっていましたが、
誰に顧みられることもなく、ゆっくりと走り去っていきました。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杷木とインターチェンジ
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。