地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年12月05日

鵜戸神宮参道入口

鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
日南方面から、海の見える坂をバスが登ってきて、


鵜戸神宮参道入口
宮崎方面へは、狭いトンネルを抜けていく、


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
その途中にバス停があります。「鵜戸神宮参道入り口」臨時停留所。


鵜戸神宮参道入口
鵜戸神宮参道入口
交差点にガソリンスタンドがあり、
荷物預かりますの表示が、観光地を感じさせます。
荷物が負担になるというのは、バスで来る人を想定しているのでしょうから、
ここはバスで観光に来る人がまだそれなりにいる場所なのかも。


鵜戸神宮参道入口
JR日南線を走る観光特急「海彦山彦」と接続する観光バスが、
この交差点から鵜戸神宮のほうへ向かうのに遭遇しました。
とてもよい乗車率でした。


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
にちなん号です。


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
バスの駐車場から階段を上り下りして、


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
途中で鵜戸名物のおちちあめなんか買ったりして。
どんな味か興味のある方は、現地でご賞味ください。
8コ入り100円程度の、非常にお財布にやさしい名産品です。


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
門前のお土産物屋にも、宮崎交通のバス停。


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
そこからまたひとしきり歩いて、本殿にたどり着きます。
ムロとかウロとかと鵜戸の語源は一緒のようで、
結局は岩にあいた穴という地形由来の名称らしいです。


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
運玉という素焼きの小玉を買って、崖下の岩の窪みに向かって投げます。
入ったら幸運が訪れるとかで、サンメッセ日南で仕事運のモアイに祈り、
ここで運玉を穴に入れた私は、翌週に就職先を決めました。きっと宮崎の御利益でしょう。


鵜戸神宮参道入口
宮崎特産の、現地限定のジュース多数。
マンゴー味のスコールは、息子たちのお気に入り。
ほかに愛のスコールは、期間限定で日向夏味も売っており、
私としてはそちらのほうが甘すぎずさらに美味だったと思います。


鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口鵜戸神宮参道入口
鵜戸神宮を後にして、日南方面に車を走らせてから初めて気づいたのですが、
「鵜戸神宮入口」のバス停は坂の下にあり、大きな鳥居も立っています。
鳥居をくぐって海沿いに回り込む道は狭く、観光バスが走るのには不向きな規格ですが、
一般車両はこちらを通ると、より本殿近くの駐車場まで進めます。
この記事途中、定期観光バス歓迎のバス停が立っているそばです。

お礼参りに来る機会があれば、つぎはこちらから参詣したいと思います。


同じカテゴリー(宮崎交通)の記事画像
埋立
九州本土の秘境バス四天王
村所駅昼
村所駅朝
鳥ノ巣
越野尾
同じカテゴリー(宮崎交通)の記事
 埋立 (2019-04-22 07:07)
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 村所駅昼 (2016-09-12 06:06)
 村所駅朝 (2016-09-11 06:06)
 鳥ノ巣 (2016-07-15 07:07)
 越野尾 (2016-07-14 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)宮崎交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。