地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2012年02月16日

脇田転向場

脇田転向場
直方バスセンターから、本数の少ない「脇田転向場」行きに乗車。


脇田転向場脇田転向場
何もないところに、ただ広い停車スペースがあるだけの場所。


脇田転向場
直方~博多駅のバス通りに面しているのに、


脇田転向場
ここを目的地として乗る人が想定されないせいか、
ここを起終点とするバス以外は停車しないバス停です。
ということは、全線完乗を目指す場合、
ここを始発、もしくは終点とするバスに乗らなければなりません。


脇田転向場
実質の終点は、直方方面すぐのところにある脇田温泉(楠水閣)。
このような位置関係の場合、ここは単なる転回場として扱い、
乗降の取り扱いはしない、って場合が一般的だと思います。


脇田転向場
乗降する人をあてにしていないせいか、バス停の表示もありません。
県道はバイパスが温泉街を無視して、対岸の山の中腹を走っているので、
車の通りも少なく、平日の夕方、辺りは閑散としています。

2点間輸送の効率化という意味では、道路が何もない場所を走るのはよいのですが、
その通過途上で観光地や特異な場所を経由したほうが、
移動という行為がより味のあるものになるように思います。
宝泉寺温泉とか、杖立温泉とか、八木山峠とか、バスは旧道を走りますし、
車で走る場合でも、できる限り沿道をひやかしながら進みたいと考える私です。


脇田転向場
ここまで乗ってきたバスは、扉が3つありました。


同じカテゴリー(JRバス)の記事画像
鹿児島中央駅前
秋芳洞
見坂峠
団地入口
蒲田団地の夏休み
筑前土井
同じカテゴリー(JRバス)の記事
 鹿児島中央駅前 (2019-11-01 07:07)
 秋芳洞 (2019-10-21 17:17)
 見坂峠 (2019-08-31 07:07)
 団地入口 (2017-09-01 18:44)
 蒲田団地の夏休み (2017-08-08 20:12)
 筑前土井 (2017-07-23 19:19)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)JRバス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。