地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年03月24日

宮崎交通高千穂バスセンター

宮崎交通高千穂バスセンター宮崎交通高千穂バスセンター
20年ぶりの「高千穂バスセンター」。
前回は、高千穂駅からバスでやってきて、高森行きのバスに乗り換えただけなので、
場所の風景はあまり印象に残っていません。


宮崎交通高千穂バスセンター
建物とか、


宮崎交通高千穂バスセンター
待合室とか、


宮崎交通高千穂バスセンター
バスの停まる位置とか、


宮崎交通高千穂バスセンター
隣のタクシー会社とか、久しぶりに見たわけですが、


宮崎交通高千穂バスセンター
うーん、こんなんだったかねぇ、という感じ。


宮崎交通高千穂バスセンター宮崎交通高千穂バスセンター宮崎交通高千穂バスセンター
どちらかというと、バスセンターから放射状に延びた路線の印象が強いです。
ただ、バスに乗ったことはなく、岩戸まで行ったのも今回が初めて、
天岩戸神社自体は、車で行ったことがあるので省略し、
往復で違う経路をとりました。


宮崎交通高千穂バスセンター宮崎交通高千穂バスセンター
現在は、町内域で完結している路線は全て、
コミュニティバス「ふれあいバス」で代替されています。
バス停も、前掲のふれあいバスのものしかなく、
宮崎交通のバスセンターであるという表記は、どこにも見当たりません。


宮崎交通高千穂バスセンター
川登経由の岩戸行きと、河内行きは、いまでも宮崎交通が受託していて、
九州のバス時刻表でも、時刻や運賃が検索できるのですが、
扱いはほかのコミュニティバスと同じで、宮交の一日乗車券が使えません。

1日乗り放題で1800円なので、高千穂~延岡往復でも使う価値がありますし、
祝子川や方財まで往復したこの日は、十二分に元が取れているのですが、
河内~高千穂~岩戸で800円の現金手出し、なんか損した気分です。


宮崎交通高千穂バスセンター宮崎交通高千穂バスセンター
バス乗り場は、右回りの一方通行になっているので、
路線によっては、目の前を一旦バスが通り過ぎてから、
裏道を回ってバスセンターにやってくる形になります。


宮崎交通高千穂バスセンター宮崎交通高千穂バスセンター
福岡や熊本との直通路線も停車するので、
大きなバスも発着します。
バスセンターまでのアクセス道路が狭いのですが、
駐車車両の存在をものともせず、バスは滑らかに走ってきます。


同じカテゴリー(宮崎交通)の記事画像
埋立
九州本土の秘境バス四天王
村所駅昼
村所駅朝
鳥ノ巣
越野尾
同じカテゴリー(宮崎交通)の記事
 埋立 (2019-04-22 07:07)
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 村所駅昼 (2016-09-12 06:06)
 村所駅朝 (2016-09-11 06:06)
 鳥ノ巣 (2016-07-15 07:07)
 越野尾 (2016-07-14 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)宮崎交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。