地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年03月25日

延岡駅前バスセンター

延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター
1992年以来、20年ぶり2度目の訪問、「延岡駅前バスセンター」
しかも前回は、福岡からごかせ号でやってきて、高千穂鉄道に乗り換えただけなので、
延岡に行ったことがあると言っていいのかどうかすら微妙な接し方。
行ってみたら何か思い出すかという期待もありましたが、
案の定、何一つ記憶に残っていませんでした。


延岡駅前バスセンター
延岡駅前バスセンター
いまも福岡からの直通バスは健在で、
近くのバス車庫では、宮交西鉄産交西鉄なんて並びも見られました。


延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター
延岡駅のバス乗り場は、初めて体験する者にはちょっと複雑です。
国道10号線から側道に入ってすぐの、延岡駅の、


延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター
正面、ロータリーになっている場所のバス停が、「延岡駅」。
南延岡駅方面や雷管・方財など、市内均衡路線はここから発着。


延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター
駅から見て右側、自転車置場の隣にあるのが、「延岡駅前バスセンター」。


延岡駅前バスセンター
こちらは日向や高千穂、祝子川温泉などの長距離路線が出発していきます。
高千穂や上祝子に行くバスは、バスセンターを出ると「延岡駅」には寄らないのですが、
高千穂から南営業所に直通するバスは、バスセンターを出るとロータリーに入り、
両方のバス停に停車するようです。
たぶん逆に、バスセンターには停まらないバスもあると思いますが、
どういう分類になっているのか、まだよく把握していません。

延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター
と、ふたつだけでもよく理解できない、というか、
それほど頻繁に来る場所でもないので、詳細に調べる気もないわけですが、
駅前から国道を右に折れた場所には、


延岡駅前バスセンター
「延岡駅前」というまったく別のバス停も存在していて、
よそ者に理解させるつもりがないのではないか、という気すらしてきますw


延岡駅前バスセンター
前掲の車庫は、延岡駅前バス停の近くです。


延岡駅前バスセンター延岡駅前バスセンター
延岡駅前交差点の反対側カド、
創業昭和24年 延岡名物 高田万十という店があります。

ハムタイMAXという、タイヤキ生地にキャベツと卵・ソースというのを食べましたが、
150円ながらとても美味で、2個食べると満腹になるボリューム。
いちどお試しいただきたいと思います。
むっちゃん万十のハムエッグが好きな方は、こちらも受け入れられるはずです。
ハムタイという名前は、ハム入りタイヤキから来ているんじゃないかと思うんですが、
金型はなぜかパンダの形w

もらったチラシには、自慢のアンコをご賞味くださいと書いてあったので、
ああタイヤキか回転焼も注文しておけばよかった、と後悔しました。
夏にはカキ氷もやっているようで、そのあたりは蜂楽饅頭ともかぶります。
どこでも地元に愛される名店ってのがあるんですね、
と一度食べただけなのに、すっかりわかったつもりになっています。


同じカテゴリー(宮崎交通)の記事画像
埋立
九州本土の秘境バス四天王
村所駅昼
村所駅朝
鳥ノ巣
越野尾
同じカテゴリー(宮崎交通)の記事
 埋立 (2019-04-22 07:07)
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 村所駅昼 (2016-09-12 06:06)
 村所駅朝 (2016-09-11 06:06)
 鳥ノ巣 (2016-07-15 07:07)
 越野尾 (2016-07-14 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)宮崎交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。