地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2015年02月14日

秋芳洞(あきよしどう)

秋芳洞(あきよしどう)
下関市内から1時間あまりをかけて「秋芳洞」。
乗ってきたバスは、客を降ろしてすぐに走り去ったので、数分後の別便を撮影。


秋芳洞(あきよしどう)
海響館ラッピング。


秋芳洞(あきよしどう)
後ろは船鉄バス。赤と青。


秋芳洞(あきよしどう)
出発。


秋芳洞(あきよしどう)
観光地なんだなぁ、という広いバスのりば。


秋芳洞(あきよしどう)

1番のりば、新山口新幹線口、青海島、大田、嘉万。


秋芳洞(あきよしどう)
時刻表。


秋芳洞(あきよしどう)
2番のりば、美祢、山口、秋吉。


秋芳洞(あきよしどう)
時刻表。


秋芳洞(あきよしどう)
3番、下関、東萩、秋吉台。


秋芳洞(あきよしどう)
時刻表。


秋芳洞(あきよしどう)
あ、裏はテープが外れて、隠された北九州が見えてます。
サンデンが関門トンネルを通っていた名残。


秋芳洞(あきよしどう)
秋吉台まで行きたいよね~、とサンデンの一日乗車券があるのに、
次のサンデン便を待たずに、JRバスへ。


秋芳洞(あきよしどう)
全面ドットLEDに、横書き。これが停車バス停の全てです。


秋芳洞(あきよしどう)
で、秋吉台は別に掲載するとして、戻ってきて、


秋芳洞(あきよしどう)
待合室。


秋芳洞(あきよしどう)
路線図と料金表。


秋芳洞(あきよしどう)
時刻表に案内所。共通切符も買えます。


秋芳洞(あきよしどう)
サンデンバスの線が、北九州黒崎より博多側まで延びております。


秋芳洞(あきよしどう)
キップ売場。


秋芳洞(あきよしどう)
防長、青海大橋


秋芳洞(あきよしどう)
JR、防長、サンデン並ぶの巻。





同じカテゴリー(JRバス)の記事画像
新山口駅
湯田温泉
防府駅前
飯塚改正直前
鹿児島中央駅前
秋芳洞
同じカテゴリー(JRバス)の記事
 新山口駅 (2020-09-21 07:07)
 湯田温泉 (2020-09-20 07:07)
 防府駅前 (2020-09-19 07:07)
 飯塚改正直前 (2020-09-03 07:07)
 鹿児島中央駅前 (2019-11-01 07:07)
 秋芳洞 (2019-10-21 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。