地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2008年10月04日

叡山ロープウェイ

叡山ロープウェイ
比叡山頂駅。夕暮れの逆光で撮影。昭和の匂いのする建物です。


叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ
改札と時刻表。
イメージとして比叡山は非常に有名な観光地であり、
そこに至る交通手段も洗練されているものかと思っていました。
すくなくとも坂本ケーブルは客車もモダンですし、駅舎も風格がありました。
でも京都側の叡山ロープウェイは、客のまばらな遊園地のようなくたびれかたをしています。


叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ
設備が古いと、ロープウェイってスリルがあります。笑えませんが。


叡山ロープウェイ
ホームからの眺めは圧巻です。


叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ
ちょうど帰宅タイミングの時間帯だったのか、お客さんはいっぱい。
定員は30名なのでまだまだ乗れますと係員の兄ちゃんは言いますが、
ほんとに30人乗ったらかなり窮屈そうですし、落ちるんじゃないかと不安にさせる設備ですし。

積み残しが出た場合、時刻表に関係なく臨時便が折り返しですぐ出て、
接続のケーブルカーも臨時便の到着を待ってから出発してくれるので、
敢えて込んでいるのに乗らなくても、待ったほうが賢明なように感じます。
ケーブルカーのいい席を確保したい場合は別ですが。


叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ
ロープウェイ比叡駅に無事到着。
撮影のため接続便のケーブルには乗らずにまわりを散策。
そんな酔狂な人間は私だけでした。


叡山ロープウェイ
比叡山頂駅が見えます。かなりな高低差であることが実感できます。


叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ
駅舎はこちらも昭和の匂い。でも小奇麗に片付けられていて、山頂ほどの寂れ方は感じられません。
この印象の違いが何から来るのかはわからないです。


叡山ロープウェイ
駅前には旧車体が展示、というより放置されています。いちおう看板はありますので展示です。


叡山ロープウェイ叡山ロープウェイ
駅前では「かわらけ投げ」ができます。単純なものですが結構好きです。
ただロープウェイとケーブルカーは接続運行なので、
この接続駅で何かを楽しもうとする人は稀だろうと思います。ちょっと勿体ないです。

10月4日の全記事




同じカテゴリー(その他)の記事画像
大宝自動車本社車庫
大宝自動車八女
大宝自動車三川黒木駅
大宝自動車ほたるの館前
大宝自動車朧大橋
大宝自動車広川ダム
同じカテゴリー(その他)の記事
 大宝自動車本社車庫 (2020-08-11 07:07)
 大宝自動車八女 (2020-08-10 07:07)
 大宝自動車三川黒木駅 (2020-08-09 07:07)
 大宝自動車ほたるの館前 (2020-08-08 07:07)
 大宝自動車朧大橋 (2020-08-07 07:07)
 大宝自動車広川ダム (2020-08-06 07:07)

Posted by ちょんびん at 15:48│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。