地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2017年08月03日

多の津

多の津
多々良浜古戦場跡の掲示。


多の津
でもバス停は多の津。


多の津
ただでさえ多々良と多の津を混濁しているのに、さらにややこしくする私は西の民。
天神と土井団地に行けるこのバス停がどちら向きなのか、ぱっと分からない人も多いでしょう。


多の津
松島五丁目から国道201号線を走ってきた72Cは、朝の通勤需要に応えるべく、
多の津側に曲がって流通センターを経由してから土井営業所土井団地に向かいます。
ですのでのこバス停は基本的には都心向け。

しかしながら流通センター経由の「78」が増えた現在では、
毎時1本以上はあるとはいえ「77」と朝だけの「72C」の総本数がさほど変わらなくなっていて、
すでにこのバス停を都心方向と呼んでよいのかどうか。


多の津
さらには「3」から「4」への連続運行する系統は土井営業所を通るのに
千早駅から都心方向へ向かって天神三丁目まで行ってしまうので、
これはもう郊外向けなのか都心向けなのかという区分自体が形骸化する形。

「24C」とか「72C」って、天神北ランプで降りて連続運行してますからね。
都心向けでも天神蔵本間寝落ちすれば全て土井向けになるのです。


多の津
この掲示時点では土井営業所から「4」番に変わっておりましたが、
いまは流通センター公園で「4」に変わります。
次に東卸団地の記事を載せる予定なので、そこでも言及するかもしれません。


多の津
JR九州バスの方がわかりやすく九大病院県庁と博多駅の都心需要向け。


多の津
1時間に2本弱。全部博多行き。


多の津
シンプルに多の津。


多の津
さて、反対のバス停に移動しましょう。おふくろ食堂のステマみたいになってますが。


多の津
こちらも土井団地と天神に行けるわけです。隣接表記ももう何がなんだか。
「72C」も流通センター西に停車して良さそうな気もしつつ。


多の津
特別支援学校のバスが連続して来ました。


多の津
JR九州バスは犬鳴トンネルを越えて福丸宮田から直方まで行くものも。


多の津
福丸行きが消えたのが、個人的には残念。
蒲田団地経由は多々良小学校の校区が広い限り残りそうですが。


多の津



多の津
こちらも連続運行があって、千早駅から「4」に変わります「3」。


多の津
連続運行であることすら掲示の必要があるのかって本数ですが。

名子からみどりが丘団地団地までの一区間乗車は、まだ試したことがありません。






同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
宇美9625大濠公園
トリアス産交
呑山観音気仙沼
板付七丁目「29」
八田から篠栗駅前直行
篠栗駅前廃止前
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 宇美9625大濠公園 (2020-06-26 07:07)
 トリアス産交 (2020-06-25 07:07)
 呑山観音気仙沼 (2020-06-15 07:07)
 板付七丁目「29」 (2020-05-27 07:07)
 八田から篠栗駅前直行 (2020-05-21 07:07)
 篠栗駅前廃止前 (2020-05-20 07:07)

Posted by ちょんびん at 19:00│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。