地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年08月21日

栃原団地

栃原団地栃原団地
日田市に編入された中津江村のバスターミナル、栃原団地です。


栃原団地栃原団地
小さな集落なんですが、国道442号沿いにあり、
日田と阿蘇方面への往来と交差する落合の近くでもあり、交通の要衝です。


栃原団地
上津江、中津江のコミュニティバスもここを拠点として走ります。
中津江バスの終着は、先日取り上げた市の瀬です。


栃原団地
けれども日田からの日田バスは1日4往復と少なめです。
日田からちょうど1時間くらいなので、往復2時間×4で、
1本運用のバスが折り返すダイヤです。
日田バスの郊外路線は日曜日前便運休のところが多く、
こと栃原団地も例外ではありません。



栃原団地栃原団地栃原団地
バスターミナルの背後はとても急な斜面です。
中津江から小国への道は、とても深い谷の中腹を縫うように走り、
福岡では見られない風景を楽しめます。

栃原団地のバス時刻表には、小国町の西端である「室原」の時刻表も掲載されており、
栃原~室原間は車で10分くらいなので、
小国方向へは室原からの利用も想定されています。
とはいっても歩いて行ける距離ではありませんので、
車を使うならそのまま小国まで行ってしまえばよさそうでもあり、
いまひとつ中途半端な連携です。大分県と熊本県という行政の溝が横たわっています。



同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杖立から日田へ帰る
瀬の本高原
阿蘇大観峰
オートポリス
E高の旅
谷の河内
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杖立から日田へ帰る (2020-08-16 07:07)
 瀬の本高原 (2020-08-15 07:07)
 阿蘇大観峰 (2020-08-14 07:07)
 オートポリス (2020-08-13 07:07)
 E高の旅 (2020-08-12 07:07)
 谷の河内 (2020-07-30 07:07)

Posted by ちょんびん at 20:28│Comments(1)日田バス
この記事へのコメント
お久しぶりです。
明日、明後日とバイトが休みですので、
福岡に遠征しようと思います。
と言ってもすでに博多駅のネカフェにいるわけですがw
Posted by そーらん at 2009年08月21日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。