地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年01月03日

長渓(ながたに)~夜明駅

長渓(ながたに)~夜明駅
日田バスセンターから、「長渓」へ。


長渓(ながたに)~夜明駅
バス停の柱自体は、日田寄りに立っているのですが、
旧道と新道が分岐して、ロータリーになっているところまで乗れます。


長渓(ながたに)~夜明駅長渓(ながたに)~夜明駅
夕方の便は、残念ながらここから回送で戻ります。
SUNQパスで乗り放題の私、帰り便があれば、乗りたいところですが、
日田からここまで私以外誰も利用しない状態では、回送もやむなし。


長渓(ながたに)~夜明駅
家の数は、まあそこそこ。
久留米から日田への移動など、車ではよく通過する場所です。
急行バスも経由します。停まりませんが。
ここからバス停まで戻るのが面倒で、鉄板は撮らなかったのですが、
また近いうちに通るだろうし、という気分。


長渓(ながたに)~夜明駅
トイレ


長渓(ながたに)~夜明駅
らーめん・うどん


長渓(ながたに)~夜明駅
川魚料理・おみやげ


長渓(ながたに)~夜明駅
道端の神社は、長「谷」神社でした。


長渓(ながたに)~夜明駅
向かい側夜明駅へ、


長渓(ながたに)~夜明駅
高井町交差点から、橋を渡ります。


長渓(ながたに)~夜明駅
筑後川の両岸に集落があるんですね。


長渓(ながたに)~夜明駅
渡ってから、長渓バス停付近を眺め、


長渓(ながたに)~夜明駅
宝珠山方面への分岐。


長渓(ながたに)~夜明駅
角に神社。


長渓(ながたに)~夜明駅
雰囲気のよい、好きな三差路です。


長渓(ながたに)~夜明駅
国境の橋にドラマあり。


長渓(ながたに)~夜明駅
長渓バス停から夜明駅まで、徒歩で10分ほど。
真新しい駅舎に角松で新年を迎えました。旧駅舎


長渓(ながたに)~夜明駅
夜明のシンボルマーク。


長渓(ながたに)~夜明駅
夜明の鐘
。訪問された際には、ぜひ鳴らしてください。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
くじゅう登山口
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)
 くじゅう登山口 (2016-10-19 17:17)

Posted by ちょんびん at 11:23│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。