地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年07月12日

米山


この先は、尾平鉱山へ向かう道。これもかつての大分バス路線です、この道幅で。
懐古主義的要素が多いローカルバス探訪は、いつ始めたとて過去を後悔するようにできています。
もっと早くから始めておけばと。たとえ物心ついた時から始めていたとしても、
もっと早くに生まれたかったと感じてしまうので処置なしです。



バス停とヘキサ。



大分県道7号線は緒方高千穂線でして、
そのまま宮崎に繋がることになってますが騙されてはなりません。
グーグルさんのストリートビューでは、積雪のある冬時期に撮影したということもあるでしょうが、
尾平鉱山先の峠道途中で撮影を挫折した跡があります。



そんな分岐点の終点、行き止まり感の乏しい米山。



2019年9月末をもって、大野竹田バスの路線が廃止となりました。



コミュニティバスがいちおうの輸送を補完します。



本数多いんですよねー。



さて右はどこへ連れていかれるのやら。



リエッセが折り返してきて、



竹田に向かって戻ります。

と今回を書き綴ってから前回を読みますが、人間そんなに進歩しないもんです。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス