地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年01月28日

槻木


多良木町の中心部から、乗り合いタクシーが走っていた頃の待合所。
通常のタクシーの業務を阻害するとクレームがついたこともあったそうで。



槻木は熊本県ですが、水系的には大淀川。ここに降った雨は太平洋側に注ぎます。



下槻木の弘法大師。



大師堂。



バス走ってたら萌える道。



階段。



しかしながら、産交バス時代はここまで来ていなかったらしく、



地元の集会所で、こういう写真も見せていただき、当時の終点は特定。



いいところなんで皆さんも、と言いたいところですが、いま多良木側からの道は水害で不通です。

早く復興しますように。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス