地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2022年01月03日

桜町(国東)


熊本にも長崎にも福岡にも桜町があり、ここ国東市国東町にも。



国東観光バスエリアは最近すべて?のバス標板が新しくなりまして、
味のある手書きが一掃されたことに多少の寂しさを覚えつつも、
ふりがなが付いて読みやすくなりましたしデザインはかわいいですし、喜ばしいことであります。



旅館の前。



海喜荘。



こういうところで地元の名産品に舌鼓をうち、過去の話を伺ったりすると文化的に豊かになりますが、
バスを追いかけることを優先すると宿泊費と食費をすぐ削りたがるので、
いつまで経ってもこのブログは寒風が吹きすさぶ経済状態のままで維持されています。



鶴川商店街の、まっすぐな道。



ガソリンスタンドの跡も。国道が移動することの影響に想いを馳せます。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分交通国東観光