地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月25日

田の口

バスの路線は、新設よりも廃止のほうが日常的な昨今、
その場所にあったバス停が、いつの間にか消えてしまうのは残念ですが、
路線が廃止になり、バスが来なくなったにも関わらず、
バス停が撤去されなければ、それもまた虚しさだけが残ります。

大好きな大分坑のバス路線なども、
廃止の日、最終バスが大分坑に到着したときには、
すでにバス停の鉄板は撤去されていましたが、
逆に5月も半ばを過ぎた今になっても、そのまま残っていたとしたら、
それは撤収すらしてもらえないほどに打ち捨てられていた証拠で、
顧みられることのない存在であることが、悲しくてたまらないでしょう。


田の口田の口
というような感傷も、このバス停の前では全て沈黙。
廃止になって久しい、玖珠町の日田バス「田の口」バス停です。
民家の軒先に下がっています。
ちゃんと吊られている分、機能しているバス停よりも扱いはよいくらいです。
バスがまだ走っているにも関わらず、こんなのとかこんなのとかありますから。
逆に、何も知らずにここを通れば、
あぁ、こんなところにもバス路線があるんだなぁ、とは思うでしょうが、
まさか廃止になったバス停がほったらかされているとは思わないでしょう。
捨てられ続けるというのも、また新しい価値を生むのかもしれません。


田の口田の口
いつまで待てば、次ここにバスが走ってくるでしょうか。



同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杖立から日田へ帰る
瀬の本高原
阿蘇大観峰
オートポリス
E高の旅
谷の河内
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杖立から日田へ帰る (2020-08-16 07:07)
 瀬の本高原 (2020-08-15 07:07)
 阿蘇大観峰 (2020-08-14 07:07)
 オートポリス (2020-08-13 07:07)
 E高の旅 (2020-08-12 07:07)
 谷の河内 (2020-07-30 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。