地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月19日

日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前

日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前
10月1日に、日田バスの玖珠地区で、大きな動きがありました。


日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前 
1、森町より龍門の滝を経由して、田代まで行っていたバスが廃止になりました。


日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前
日出生は健在です。
龍門の滝や田尻は九重町で、終点の田代だけが玖珠町。
この行政区分が、路線の存廃に影響したのかもしれません。


日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前
田尻方面の代替として、塚脇・森から九重町のバスが走りますが、
田代は玖珠町なので、龍門→田尻原→田尻→野倉というルートになります。
野倉は、田尻からバスが行かない方への新路線です。
土日祝日も走るようなので、日田バスを偲びながら乗るのもよいかも。
各所に新規のバス停が立っていて、新旧のコントラストが印象的でした。

同様に、塚脇~豊後森駅~豊後中村駅の間にも九重町のバスが走るようになり、
日田バスの森~中村~筋湯の路線は、
九重町内の重複区間バス停に、停車しなくなります。そのため、

2、書曲三・書曲・松ヶ鼻・恵良・恵良駅前恵良交通C・見留・石上・物見塚・奥野入口、
以上10バス停は、廃止となりました。


日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前
3、北山田小学校のスクールバス、高塚までの便と、広瀬までの便が廃止になります。
また、平日夕方1本だけの、森町→十五駄入口の区間便も廃止です。
北山田小、泊里から下園への便は残ります。
今は小学校の通学も、親の送り迎えが多いみたいで、
毎日定期的にバスを利用する、ってのを恥ずかしく感じる風潮すらあるとか。残念です。


日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前
4、玖珠町まちなか循環バスは、実証運行期間の延長が決まりました。


日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前日田バス2011年10月1日改正1森町森駅前
循環バスは、日田バスと玖珠観光バスの相互運行ですので、
両方乗ってみると、雰囲気も違って面白そうだと思います。
そう考えつつ、まだ体験していません。
廃止部分のバス停などは、これから随時掲載します。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
くじゅう登山口
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)
 くじゅう登山口 (2016-10-19 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。